NEWS, Works, 展示の情報

2016.6/11–12  舞台「屋根のない城」/原作絵・美術

作品展示・脚本原案美術
image1
光栄なことに、作品を元に物語ができました。

それが演劇公演となり、HEP HALLにて公開されます。
原作となった大きな作品も、舞台美術として登場いたしますので、
ご観覧頂けるととてもうれしいです。
ファンタジックでエンターテイメント満載のMoonBeamMachine公演は、
大人から子供まで楽しんでいただけます◎

MoonBeamMachine the ART 2016
『屋根のない城』
作・演出:Sarah

あのムーンビームマシンが一年ぶりにパワーアップしてかえってくる!
アーティストsilsilが描いた絵を元にムーンビームマシンのSarahが書き下ろした新作3本を一挙公開
歌にダンスにマジックに盛りだくさんのエンターテイメント演劇
日常にファンタジーというスパイスを少々。いざ、ムーンビームワールド全開の不思議なアートの世界へ
とあるアート・コレクターのギャラリーにひとりの女が『屋根のない城』という絵を探し求め訪れる。女はそこに飾られた絵画コレクションに纏わる3つの物語を語り出
『Karen』
それを履けば死ぬまで踊り続けなければならない伝説の<カレンの赤い靴を巡り、繰り広げられる踊り子達の奇妙な押し問答。主役に選ばれた代償は一生踊り続けること?!
『玩具修理工場』
右手に花を持ったとき、左手に相応しいものは?突如、左の手のひらに現れた非現実的な小人たち。世界のあらゆるものを修理する小人たちが囁いたとき、平凡な日常に訪れるのは奇跡か、それとも?!
『煙突と幻』
この街はいつも紫の煙に覆われている。それは街の真ん中に大きな煙突があるせいだ。その煙の甘ったるい匂いは街の人々の大切な<言葉>を奪っていく。街に歌声が響くその日以外は……
【公演日時】
※開場は開演の30分間、開演の45分前より受付開始
※未就学児童の入場はお断りしております。ご了承くださいませ
※各回開演の20分前より開演前ショーあり
Showゲスト上野淑子×武隈史子 スペシャルライブ!
※本編チケットにてご覧いただけます
【会場】HEP HALL
【チケットについて】
◆前売3,500円
◆当日4,000円
◆ペアチケット6,000円 ※同ステージに2名でご予約のお客様に限る
◆学割2,500円 ※証明書の提示要 ※学割のみ、ぴあでの発売はございません
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 yoyaku
【さくっとご予約できちゃう】
http://ticket.corich.jp/apply/73057/027/
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
※他にもいろんなご予約法↓
《プレイガイド》ぴあ 0570-02-9999 Pコード450-560
 http://ticket.corich.jp/apply/73057/027/
《メール予約》ムーンビームマシン制作部 mbm.ticket@gmail.com
※お名まえ・フリガナ・ご希望日時・枚数・ご住所・TEL・Mail(・学割の有無)を送信ください
《劇場電話予約》06-6366-363611:00~18:00
チケットは2016年4月9日(土)午前10時より発売開始!!
<アクター>
河口仁(シアターシンクタンク万化)
松木賢三(テノヒラサイズ)
鈴木洋平
一明一人
上杉逸平(イズム)
田代圭佑
中路輝(劇団「劇団」)
下浦貴士
武隈史子
南光愛美(劇団 猫の森)
山川優子
戸田麻依子(表現集団Infinity)
イトウエリ(空の驛舎)
Sarah(ムーンビームマシン)
<ダンサー>
尾沢奈津子(N-Trance Fish)
恵奈
矢富あずさ
高安智美
中西由伽子
<マジシャン>
魅優
<シンガー>
矢野良児
<ジュニアダンサー>
森有愛乃(アイランドプロモーション)
島林祈星
藤川双葉
<スタッフ>
脚本・演出:Sarah(ムーンビームマシン)
絵:silsil
舞台監督:hige(BS-II)
音響:須川忠俊(ALTERNAIT)
照明:加藤直子(DASH COMPANY)
制作:猪瀬典子(Quantum Leap*)
振付:尾沢奈津子(N-Trance Fish)/柿谷結衣
劇中歌作曲:Sarah(ムーンビームマシン)
劇中歌編曲:TEAM marumushi
舞台写真・撮影:堀川高志(kutowans studio)
ビジュアルデザイン:Sarah(ムーンビームマシン)
ロゴ・サイトデザイン:io
サポートスタッフ:川口愛子/井内茜/下畦利奈/大西俊貴(IsLand☆12)/磯淵良幸(俺達の地球空洞説)/藤本悟志(俺達の地球空洞説)
協力:イズム
企画・製作:ムーンビームマシン
image2
2016-03-24 | Posted in NEWS, Works, 展示の情報Comments Closed