その他, ライブアート(ペイント)の情報, ワークショップ

2014.9/14(日)TACT/FEST2014「傘とペンギン」出演

TACT_title_2014

TACT FEST 2014
「傘とペンギン」

ダンスって不思議!
まるで、絵本から飛び出してきたような世界がそこに。
セリフはないのに、言葉が聞こえてきそうです。
★コンテンポラリーダンスの新しい可能性にチャレンジ。
思わず、踊りたくなる作品だ。(TACT/FEST2014 プロデューサー 甲賀雅章)


【日程】9月13日(土)14:00

    9月14日(日)14:00 / 17:00★silsilは17:ooの回のみ出演です
【出演内容】
会場から物語の始まる頃まで、30分程観客の皆様(お子様)と
舞台の背景となる絵を描きます。
この機会にぜひご家族でご参加ください。

【公式サイト】http://www.tact-japan.net/index.html

カンパニー名 セレノグラフィカ+魔法少年(日本)
日時 9月13日(土)14:00 9月14日(日)14:00 / 17:00
会場 オーバルシアター(阿倍野
ジャンル ダンス
上演時間 40分
対象年齢 4歳以上
チケット料金 2,500円
クレジット 京都芸術センタ-制作支援事業


<TACT/FESTとは?>

TACT/FESTとは、大阪国際児童青少年アートフェスティバル
(Osaka International Art Festival for Kids)の愛称です。
2007年に児童演劇のフェスティバルとしてスタートして以来、
進化を遂げ、昨年からはアート領域の拡大を目指し、
どこにもない唯一無二のArt Festival for Kidsを目指しています。
TACTには、こんな意味があります。

●機転が利く●人の気をそらさない●配慮する●触覚など。

つまり、TACT/FESTとは、多彩な表現に触れることで、
マニュアル通りではなく、様々な変化に対応できる思考の柔軟性、
そして鑑賞することを通して、回りにも配慮できる社会コミュニケーション能力を
高めていくことを目的に開催されています。ARTは、人々の生活にとっても、
都市にとっても欠かせない豊かさの栄養素です。
そして、経済資源になりうる可能性を秘めています。
私たちは、このフェスティバルを通して、大阪の人々を、大阪という街を、
そして日本を健全に元気にしていきたいと願っています。

TACT/FEST is a nickname for Osaka International Art Festival for Kids.
Since the start as a festival for children’s theater in 2007, this has evolved,
and it has aimed to expand its field of art to become one and only Art Festival for Kids.

The word TACT has following meanings;

1. a keen sense of what to say or do to avoid giving offense; skillin dealing with difficult or delicate situations.
2. a keen sense of what is appropriate, tasteful, or aestheticallypleasing; taste; discrimination.
3. touch or the sense of touch.

Thus, the objective of TACT/FEST is to cultivate flexible thinking through experiencing varieties of expressions and enhance social communication skills with considerations to others. ART is an essential nutrient of abundance that is necessary for everyday life and in the cities. It could also be economic resources. Throughout this festival, we hope to encourage people in Osaka, city of Osaka, and all over Japan.

2014-09-07 | Posted in その他, ライブアート(ペイント)の情報, ワークショップComments Closed